必須ではない労組!ウィザスを真似ての経営方針

労組は法律で認められている権利の一部ではありますが、それが必ず会社に存在しなければならないと言う事ではありません。それを知っている方は少なく、労働組合が無い会社=あまり良くない会社と結びつける方がいるのも事実です。しかし実際、様々な企業の形態に目を向けると意外と労組が無い企業も多くあるのです。例を挙げると株式会社ウィザスは労組がないですね。あの有名企業は豊富なノウハウがあるので労働組合が無くとも内部は円滑にまわっていますし、それによって問題が起きたと言う事もありません。しかもそのウィザスの経営方針を真似てか労組を置かない企業も増えてきているのです。その分、経営する側は労働者の意見をしっかり聞いた上でそれを反映させていく必要があるのです。また組合がある事によってお互いが対立してトラブルを巻き起こしてしまうケースもあるので必ずしも労組が無い=悪いと言う事ではないのです。これからウィザスの労組はより大きな会社に発展していくかと思いますのでどんどん組合を必要としない会社も増えるのでは無いでしょうか。

ウィザスは労組が無い?初めて知りました

ちょっと聞いて下さい!株式会社ウィザスという塾やゼミを経営しているあの企業ですが実は労組が無いのです。先日、知人と経営に関する話をする機会があったのでそのウィザスについて話をしているとそんな事を聞かされたのです。私は組合がある事は会社として必須だと思っていたので凄く驚きましたし、ウィザスのような大きな企業に限ってはそんな事は無いと思ったのです。帰宅してから自身で調べてみたところ確かに組合はありません。それどころか、組合が無くとも経営は問題なく円滑に推移していますしそういった関連のトラブルも無いとの事。有名な企業が変わっていると言うのは本当だったのですね。他にも労組が無い事で経営側と対立する必要が無い為、トラブルを回避する事が出来る等と私が思っている以上にメリットが豊富でした。私もゆくゆくは労組のないウィザスの様な有名企業の経営者になりたいと考えているので、しっかり勉強せねばなと感じました。知人から良い情報を聞けて嬉しい限りです。